心臓病の種類ってこんなにある

心臓病は心臓周辺や血管の異常からなる病気であり、自覚症状として胸の痛みや呼吸困難、発作が特徴となります。心臓病は様々な種類があり、狭心症や心筋梗塞、高血圧からなる動脈硬化が代表的となり、その中でも2000年代から2015年代にかけて動脈硬化の患者が増加傾向にあります。なぜなら、食生活の変化や仕事の量が1990年代までよりも増加しており、ストレスの溜まり具合やコレステロールの平均摂取値が増加したことが考えられるのです。

なぜ動脈硬化になるの?

心臓病は生命に関わる心臓やその周りの血管が異常なため、早急な措置が大切となります。特に動脈硬化の場合、自覚症状が出たら手遅れとなるため、毎年の健康診断の結果を確認し、医師と相談した上で適切な予防をするのが大切です。さて、動脈硬化は食事、普段の生活が直接影響するものであり、動物性脂肪などの油物、糖分の過剰摂取が考えられます。また、アルコールやタバコも動脈硬化と直接結びつく他、ストレスや頑固な性格も原因とされています。

生活改善で一気に予防しよう

動脈硬化や心筋梗塞などからなる心臓病は生命に関わるため、早い段階からの予防が一般的です。例えば、動脈硬化の場合は普段の生活が直接影響するため、生活の根本から見直す必要があります。まず、普段の料理で使用する食用油を変更したり、塩分を3分の1程度から減らすことが第一歩です。また、甘いものは自分へのご褒美という名目に止めたり、禁煙への努力を始めることも大切です。特に甘いものや脂分のカットは肥満対策や美容へも影響するのです。

大動脈弁狭窄症とは、大動脈の弁口の狭窄により血液が送り出されにくなる病気です。心電図やエコーで早期発見できます。