審美歯科でおこなわれること

普通、歯医者さんに行くことって、皆さん嫌がりますよね?アンケートをとるとほとんどの人が歯医者に行くことに抵抗感を感じています。歯医者さんが使う、あの機械の音を思い出すだけで恐怖を感じる、という人は少なくないでしょう。子供のころの記憶が心の奥底に残っているからだと思いますが、このような虫歯治療だけでなく、最近、審美歯科というジャンルの治療を提供している歯医者さんが増えています。審美歯科というのは、文字通り、歯をきれいに見せるために行われる様々な歯科的な治療方法全般を指します。

でも、健康的でなくちゃ嫌ですよね!

もちろん、単に見た目をきれいにする、というだけではなく、歯並びの矯正や咬合治療、いわゆる「噛み合わせ」を改善することで、より健康的な生活が送れるような治療を含みます。歯を健康に維持する、ということは、そのまま健康な体を維持することにつながります。したがって、審美歯科治療は、きれいな外観を追求しながら、健康な口腔環境を整える、という大切な役割も果たしているのです。でも、なによりも、歯がきれいになれば、思いっきり笑えたり、歯に対するコンプレックスがなくなることで、気持ちが明るくなるというプラス効果が一番大きいのではないでしょうか。

いろいろな種類の審美歯科治療

審美歯科には、大きく分けて、ホワイトニング治療、オールセラミック治療、セラミックインレー治療、そしてインプラント治療などがあります。それぞれの治療方法には、特徴があり、歯をきれいに見せると同時に、歯並びや歯の隙間の改善も同時に治療できる、というメリットがあります。これらの治療は、一部を除き、ほとんどが自費治療になります。したがって、保険治療と異なりある程度の費用が掛かりますが、費用に見合った効果が期待できることから、現在、多くの人が審美歯科治療を利用するようになっています。

歯を綺麗に保つには、セレックという歯科用機器が必要になります。経済的に、短時間で高耐久であり、審美性を追求した治療ができます。