インプラント治療をするきっかけ

自分の歯が失われるのは抵抗がありますよね。でも、いつかはその時がくるのですよ。歯は定期的に治療しているから大丈夫と思っていても、意外な理由で歯を失ってしまうこともあります。例えば歯の神経を抜いてしまっていたら、治療が完了している歯でも、その後虫歯になっても痛みがないので気づかないことがあり、そのまま虫歯が進行してしまって歯を抜くしかないという状況になることもあるのです。そのようなときに治療法のひとつとしてインプラントがあります。

インプラントの他に治療方法はあるか

インプラントを治療方法として検討しなければいけない状態になったときに、それに替わる治療方法はあるのでしょうか。インプラントは人工の歯根を歯茎に埋め込むことによって土台を作り、その上にクラウンといってセラミックなどの歯を被せます。これと同じような治療方法ではないですが、部分入れ歯、差し歯、ブリッジなどの治療方法が用いられることがあります。これらの治療方法とインプラントの大きな違いは、土台があるかないかです。自分の歯のような安定感があるのはインプラント治療のみになります。

インプラント治療を終えたら

実際にインプラント治療を終えてみると、暫くの間は慣れないので少し違和感があるかもしれませんが数ヶ月もすると慣れてきます。感覚には個人差があるかもしれませんが、自分の歯のような状態になってきますよ。既に土台がしっかりしていますから、今までとおり硬いものを食べても問題ないですし、歯磨きも他の歯と同じように行って大丈夫です。ただし、稀にセラミックのクラウンにヒビが入ってしまったり、接着剤がとれてクラウンが外れてしまうことがありますので歯医者さんに行って治してもらう必要があります。

歯並びが気になるなら、吉祥寺のインプラント治療が最適です。カウンセリングを十分に行いますし、費用に関して説明しています。