有酸素運動は心臓に優しい

狭心症や心筋梗塞などの心臓病を予防するには、適度な運動が良いとされています。心臓病のリスクが急上昇する、中年以降の年代の人は、日々の生活に軽い運動を取り入れるようにしたほうが賢明です。但し、過度の運動は逆に心臓に強い負担をかけてしまうため、あまり重い負荷をかけ過ぎないようにすることを覚えておくとよいでしょう。心臓に優しい軽い運動として、まずはウォーキングから始めてみるというのはどうでしょうか。ウォーキングなら誰でもすぐに始められますよね。

スポーツバイクで長時間の運動も楽々

長時間続けることができるような軽い運動、いわゆる有酸素運動が心臓病にはとても効果があるのですが、普段運動を全くしていない人がいきなり運動を始めてしまうと、膝や足首などを傷めてしまうこともあります。ですが、スポーツバイクなら、膝などの怪我のリスクが低いので運動初心者にもぴったりです。サイクリングは、身体に負担をかけないで数時間以上も運動を続けることができるので、まさに身体に優しいエクセサイズだと言えるでしょう。

スイミングも心臓病予防に効果的

スイミングも長くゆっくりとした運動を続けたいときには最適です。ちょっと最近太り気味という人なら、スイミングを地道に続けていると、ダイエットにも効果を発揮するかもしれません。泳げない、あるいは水泳が苦手だという人は、水中ウォーキングという手段があります。水中を歩くと、水による抵抗が高いため、かなりのカロリーを消費します。また、プールの水による浮力のおかげで膝にかかる荷重が軽減されるので、足腰にも優しいんです。

大動脈瘤は部位によってはレントゲンでは発見しにくく、手遅れになってしまうこともあります。早期発見・治療が重要ですから、少しでも体調に異常を感じたら専門的な病院で検査を受けるようにしましょう。